松本将実購買部 課長

2012年中途入社。
入社時から薬剤の卸業者との調整などの業務を一手に担っている。

フォーリアに入社したきっかけは?

フォーリアに入る前は医薬品卸業の営業職をしていました。ただ、仕事を続ける中で「薬局の現場を知らなければ、薬は売れないのではないか?」と段々と思うようになり、自分自身の勉強という意味も含めて、調剤薬局業界への転職を決めました。
幾つかの調剤薬局を見ましたが、フォーリアが一番「業界に正直な会社」だなと感じました。薬剤師が医療に対して何が出来るのか、正直に考えているな、と。そんな会社の中で購買担当として働くことで、薬局で働く薬剤師のために何かできるんじゃないか?とも感じて、入社を決めました。

購買担当としての仕事のやりがいは?

購買の仕事は、薬剤師と違って数字の世界です。
たった1つの薬剤を買うにしても、「どの業者から買うのか」「どれだけの数を買うのか」などを常に考えています。会社の利益に直結する部門ですが、自分のやったことや考えたことが数字に直接表れてくれます。
数字として出ることはシビアな面もありますが、結果が出せた時が一番嬉しいですよね。

松本将実

大切にしている想いや考えは?

仕事で考えれば、「正直にやる」ことです。どんな内容の仕事であっても、自分の意志や想いとかけ離れることが無いようにしたいんですよね。そのために、まじめに考えることが大切だと考えています。
「何が正しくて、何が間違っているのか」の分別を自分でしっかりと判断して、活動につなげるようにしています。
あと、個人的には、色々な人と関係性を作っていきたいですね。
様々な人と関係性を構築していく中で、「松本さんの影響を受けて、こういうことができたよ!」とか「松本さんがいてくれて楽しかった!」とか言われるようになりたいです(笑)

将来の目標や夢は?

営業職の時代から感じていたのですが、調剤薬局で不良在庫になってしまう薬剤は非常に多いと思います。それって薬局や医療業界、ひいては日本社会にとってすごくもったいないことだと思うんです。
フォーリアの中で不動在庫の対応策を考えていますが、他の薬局とも連携して、不動在庫に対応するための大きな枠組みを作ってみたいですね。

これから薬剤師になる方たちに一言お願いします。

まずは目先のこと、やるべきことをしっかりとやり続けることが大切です。続けていくことで、自分のやっていることに誇りを感じられるようになると思います。
最初からその仕事の魅力や本質は分かりません。だからこそ、頭で考えて見出そうとするのではなく、日々行動し、自分自身を鍛えることで、何年か経ったときにその仕事の魅力や大切な事を感じられるようになっていて欲しいと思います。

考えるだけではいい仕事には出会えないし、いい成果を生み出すことはできません。まずは数年続ける。そしてふとした時に振り返って見みれば、自分の中に仕事に対するプライドがきっと生まれているはずです。

松本将実