三橋悠希将監店薬局長

城西大学薬学部卒業。2013年中途入社。
薬局フォーリア細江店の立ち上げから携わり、薬局長に就任。
現在は将監店薬局長を務めている。

フォーリアに入社したきっかけは?

 前の会社でも様々な診療科の薬を扱っており、勉強はしていたのですが、組織的な問題で勉強できる機会が少なかったり、上司との距離が遠かったりと、働きにくさを感じていました。
 その時に知人の紹介でフォーリアを紹介され、社長や他の薬剤師の方とお会いしたのですが、会社の規模がそこまで大きくないので、社員と社長との距離感が近いことが新鮮に感じました。また入社当初から新店を任されたので、それも大きな要因でした。

現在の仕事内容は?

 細江店で薬局長として働いていた時は、クリニックとPBPM(Protocol Based Pharmacotherapy Management)に取り組んでおり、その成果を学会で発表したりしていしました。
 現在は店舗を異動し、人数の多い店舗の薬局長を務めていますが、薬剤師としての仕事はもちろん、円滑な店舗運営を目指して日々工夫しています。

仕事のやりがいは?

 店舗メンバーが働きやすいように環境を整えたり、業務内容を改善していくことですね。ルーティーン業務を効率化することで時間を捻出し、その分の時間を患者ケアに充ててもらうように指導しています。
 もちろん薬剤師としては、適切な薬物治療を検討するだけでなく、周辺知識を勉強したり、患者さんに丁寧に、気軽に、安心してもらうような対応が出来るように心掛けています。患者さんから「ありがとう」や「安心した」と言ってもらえる対応をできた時は、やっぱり嬉しいですよね。

仕事をする上で大切にしていることは?

 薬による安全な治療を進めていくことです。「飲むこと」のメリット・デメリットや変化の有無、そして「飲まないこと」のメリット・デメリットなど、薬の効果・副作用以外の情報も一緒に提供していきたいと思っています。

これからの夢や目標は?

 薬剤師として、現場で個別に患者さんと接していくのもよいのですが、いい薬剤師やいい環境を提供できる「組織」を作れたらとも思っています。処方せんを持っていなくても相談に来られる薬局、新しい形の薬局、そういったものを目指していきたいですね。

フォーリアでいいなと思うところは?

 浜松市内にほとんどの店舗があるため、メンバー同士の距離感も近いことですね。
 社内や社外の研修会などで顔をあわせることも多いので、店舗が違っていても交流がありますし、急な応援要請などがあっても、見知った方たちなので、すぐに馴染んで業務を行うことが出来ます。

これから薬剤師になる皆さんにメッセージをお願いします。

 薬剤師に求められることは、今後より一層多種多様になります。自分の興味があることを早い段階で見極め、取り組んでいくといいのではないでしょうか。一般的な薬剤師の、一歩外を目指して頑張ってください。